FC2ブログ
>
ヒロハウスズミチチタケ(広葉薄墨乳茸)
2010/09/15(Wed)
  きょうは良く晴れて、爽やかな一日でした(15.6~25.0℃)。
 森の林下に、ヒロハウスズミチチタケ(ベニタケ科)が生えていました。下から覗くと、並んだ欅か何か、枝を広げた街路樹の様にも見えて、楽しくなりました。柔らかな襞に触れると、白い乳液が染み出て、舐めると、物凄く辛い味がしました。日本の他北米にも分布し、夏~秋、全国のブナ科の樹林下に発生します。傘は径3-3.5㎝で、饅頭形から中央部の窪んだ平らに開き、時に小丘ができます。肌~狐色で粘性はなく、放射状の皺があって、周縁部には襞状の溝線が現れます。ほぼ白い肉は脆く、傷付くと橙赤色に変わります。乳液は白く、傷付いた部分を赤変させ、辛みがあります。襞は極めて疎で、傘とほぼ同色又は淡肉桂色。柄は上下同径又は下方に細まり、殆ど白か傘と同色で、中心に髄がありますが後中空になります。青葉山では、コナラ林下等に普通に見られます・・・
  ウドの花で、イカリモンガが吸蜜していました・・・
ヒロハウスズミチチタケ ウドの花とイカリモンガ
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<オオバコ(大葉子) | メイン | キレハノブドウ(切葉野葡萄)>>
コメント
- テレビで取り上げてもらえば -
オオタカが生息しているのは前にニュースで見ました

開発と生息環境を守る事って難しいですよね

ただ、出来るだけ開発も近くに生息出来る又は、配慮する開発にしてもらいたいですね

よく見るテレビ番組で日曜昼1時からTBS系列でやってる噂の東京マガジンって番組がありますが、その番組で視聴者からの訴えを取り上げるコーナーがあり色々な地域の問題を取り上げています、自治体と住民の対立を住民目線で取り上げていていつも面白く見ています、番組で取り上げられると注目され自治体の対応も批判の目にさらされ対応が変わったりするケースもあります

一度番組にメールや手紙などを送って取り上げてもらうなんていかがでしょうか?

少しは自治体側の対応も変わるかも知れませんよ

もしくは、仙台市民の関心も増えるかも知れませんよ

2010/09/16 07:54  | URL | 仙台たん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1366-561e3fb0

| メイン |
ゆきかえる