FC2ブログ
>
エセオリミキ(似非折幹)
2010/10/07(Thu)
  きょうは曇って、時々晴れたり小雨が降ったりしました(15.6~21.5℃)。
  山道に沿って点々と、エセオリミキ(キシメジ科)が生えていました。良く見れば、林内の落葉上にも数多く顔を出し、鞣革の様な光沢を見せていました。折角なので少し採って、味噌汁の具にして頂きました。春~秋、全国の各種林内の落葉上に発生し、時に菌輪を作ります。径1-4㎝の傘は、初め饅頭形で後には中高の平らに開き、表面は平滑で赤褐~暗オリーブ褐色。襞は柄に上生~離生し、白くて幅狭く密。縁はやや鋸歯状で、柄は根元がやや膨らみ、表面は傘とほぼ同色か白~淡帯黄色で、縦の条線があり、中空です。食。名は、オレミキ(ナラタケやナラタケモドキ)に似ているが異なる茸の意。青葉山では、林内に普通に見られます・・・
 道端のマムシグサの実が、赤と緑に分かれていました・・・
エセオリミキ マムシグサの果実
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハタケシメジ(畑占地/畑湿地) | メイン | ミツバアケビ(三葉木通・通草) の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1388-7cc4b0e5

| メイン |
ゆきかえる