FC2ブログ
>
ナギナタコウジュ(長刀香需)
2007/10/22(Mon)
きょうは良く晴れて、爽やかな一日でした。
 森の道端の草叢に、ナギナタコウジュ(シソ科)が咲いていました。花や葉に触れるまでもなくぷんぷんと、紫蘇と薄荷を合わせた様な独特の香りが漂っていました。精油を含む草全体に強い芳香があり、枯れた後でもこの香りは残ります。名の由来は、花穂が長刀のように片面だけに付く様子と、葉や芳香が中国の香薷(香需/コウジュ)と言う薬草に似ている事に因る様ですね・・・
長刀香需  きょうの東西線八木山橋梁建設予定地

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<リンドウ(竜胆) | メイン | オオアオイトトンボ(大青糸蜻蛉 )>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/139-daf96969

| メイン |
ゆきかえる