FC2ブログ
>
センブリ(千振)
2010/10/18(Mon)
  きょうは、晴れ時々曇りでした(11.9~20.9℃)。
  山の裸地沿いに、センブリ(リンドウ科)が咲いていました。何処までも細長く群落が続いていて、恰も星屑からできた天の川の様でした。写真を撮ろうとして、弾みで折れてしまった花茎を食べると、苦味がじんわり胃まで届いて、如何にも体に良さそうな感じでした。北海道~九州の日当たりの良い山野の草地に生育する、高さ5‐30cmの二年草です。日本固有種。茎は四角く、根元から数本に別れ、1-3cm程の細長い線形の葉が対生します。発芽した芽はそのまま越冬し、翌年9-11月頃に多数の花を咲かせます。2-3cmの花は5深裂し、裂片は白く縦に紫色の筋が入ります。健胃等の薬草(生薬名「当薬」)として有名です。名は、「千回振出してもまだ苦い」の意。青葉山では、乾いた斜面や尾根等に見られます・・・
  小楢の道端に、カバイロツルタケが生えていました・・・
センブリ カバイロツルタケ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナラタケ(楢茸) | メイン | ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1399-d6e95da3

| メイン |
ゆきかえる