FC2ブログ
>
リンドウ(竜胆)
2007/10/23(Tue)
きょうも良く晴れて、雲一つない青空が広がりました。
  森の草原のあちらこちらに、リンドウ(リンドウ科)が咲いていました。秋の日差しを浴びたロイヤルブルーの花々は、森の女神達が落として行った星青玉の様に煌いていました。名は、苦い根が、竜の胆汁の様だとして(熊の胆からの連想?)、「竜胆」になったと言われています。漢方では、乾燥させた根を竜胆(リュウタン)と呼び、健胃剤として利用されます。開発等により減少していて、宮城県版レッドデータでも準絶滅危惧(NT)に指定されています。いつまでも、大切にして行きたいものです・・・
竜胆

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コシオガマ(小塩釜)  | メイン | ナギナタコウジュ(長刀香需)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/140-6819f81e

| メイン |
ゆきかえる