FC2ブログ
>
アオイヌシメジ(青犬湿地・青犬占地)
2010/10/21(Thu)
きょうは一日曇って、晩には雨が降りました(14.6~19.0℃)。
  赤松混じりの広葉樹林に、アオイヌシメジ(キシメジ科)が生えていました。落葉の間から紺青の深水を見せながら、あちらに一つこちらに一つと散生していて、名前の様な青犬の耳まで立てているのを、一つ採って鼻に近付けると、独特の芳香が漂いました。試しにと思って、甘く煮て食べると、桜餅様のお菓子になりました。秋に、全国の各種広葉樹の林内地上に単生又は群生します。傘は灰緑~青緑色で、径3‐8㎝、初め饅頭形で後にほぼ平らに開きます。襞は初め白く後に淡黄~淡緑色を帯び、密~やや疎で柄に直~垂生します。柄は淡緑色で根元は白い綿毛状の菌糸が付きます。アニスや桜餅に似た匂いがあります。別名は、アオ、アオッコ、イヌモダシ、ミドリシメジ等。青葉山では、比較的普通に見られます・・・
道沿いのオトコヨウゾメに、赤い実が沢山生っていました・・・
アオイヌシメジ オトコヨウゾメ
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ズミ(酢実)の実 | メイン | タマブキ(珠蕗、球蕗、玉蕗) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1402-dd56bf39

| メイン |
ゆきかえる