FC2ブログ
>
アオミズ (青水)
2010/10/25(Mon)
  きょうは、雨後曇りました(10.3~22.8度℃)。
  道端に、アオミズ (イラクサ科)が咲いていました。雨上がりの滴を付けて、キラキラと宝石の様でした。東アジアと北米に広く分布し、日本では北海道~九州の山地の湿り気のある所に生育する、高さ15-60㎝の一年草です。無毛の多汁質で、普通は緑色ですが時に紫色を帯びます。2-10㎝の葉には長い柄があり、対生して卵~菱形状卵形でやや尖った鋸歯があります。3脈あって、葉の裏面には脈上に僅かに毛があり、茶褐色の点が散在します。9-10月、茎の上部の葉腋花序を作り、淡黄色の小花を多数付けます。雄花は下部に、雌花は上部に付きます。名は、茎が瑞々しく全草が緑色である事に由来します。中国名は透茎冷水花。青葉山では、路傍等に普通に見られます・・・
アオミズ 一部で少しずつ紅葉し出しています
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロオオハラタケ(白大原茸) | メイン | コムラサキ(小紫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1407-a7321e2b

| メイン |
ゆきかえる