FC2ブログ
>
ビロウドマイマイ(天鵞絨蝸牛)
2010/10/27(Wed)
  きょうは晴れ時々曇って、蔵王では初冠雪が観測されました(4.2~11.0℃)。
  倒木の上に、ビロウドマイマイ(ナンバンマイマイ科)と思われる蝸牛がいました。今朝は風もあって寒かったのですが、朽ちて湿った木肌を縫う様に、名の通りのビロード状微細毛を煌かせながら、何かを食べながらゆっくり這っていました。本州に広く分布していますが(近畿以西では小豆島にのみに分布)、稀産である上に成貝に出会う事も難しいと言われ、絶滅危惧I類(CR+EN)に指定されています。殻皮上に細かい毛状の殻毛が密生していて、殻表面がビロウド様に木目が細かいのが特徴です。殻高約10mm前後、殻径約15-20mm程で、淡褐~暗褐色をした薄く脆い殻をしています。生態は良く分りません・・・ 
ビロウドマイマイ
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウド(独活)の実 | メイン | シロオオハラタケ(白大原茸) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1409-cc34726f

| メイン |
ゆきかえる