FC2ブログ
>
リンドウ(竜胆)
2010/10/29(Fri)
きょうは良く晴れて青空が広がり、暖かくなりました(6.0~16.2℃)。
  林縁の草原に、リンドウ(リンドウ科)が咲いていました 刈られて大分少なくなってしまいましたが、それでも、咲き残る一つ一つの花が、星蒼玉の様に周囲に輝きを放っていました。本州~九州の山野の湿った草地や林縁に生育する、高さ20-80cm程の多年草です。葉は細長く、対生します。9-11月、釣鐘型の青紫色の花を、茎先に上向きに咲かせます。名は、苦い根を竜の胆に準えました。漢方では、乾燥させた根を竜胆と呼び、健胃剤として利用されます。開発等により減少し、県レッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています。青葉山では、林縁等の所々で見られます・・・
リンドウ 夕焼け
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トキイロラッパタケ(朱鷺色喇叭茸) | メイン | ウド(独活)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1411-5fafbd06

| メイン |
ゆきかえる