FC2ブログ
>
ダイモンジソウ(大文字草)
2010/11/01(Mon)
 きょうは、雨が降ったり止んだりでした(11.7~14.8℃)。 
 沢の辺に、ダイモンジソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。星型の花の一つ一つが、濡れた雨滴に輝いて、恰も満天の綺羅星の様でした。北海道~九州の他、中国、朝鮮、ロシア極東部等の、山地の渓流沿いや湿気の多い岩場等に生育する多年草です。長柄のある3-15cmの葉は腎円形で5-12浅裂し、基部は心形です。9-10月、10-30cmの花茎先に円錐状花序を付けます。花弁は5枚で、上の3枚が短く下の2枚は長い。名は、花を「大」の字に準えました。青葉山では、崖地や沢等で見られます・・・
ダイモンジソウ 森の窪地
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マルミノフウセンタケ(丸味風船茸) | メイン | ヤクシソウ(薬師草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1414-d0db9231

| メイン |
ゆきかえる