FC2ブログ
>
ケキツネノボタン(毛狐の牡丹)
2010/12/03(Fri)
 きょうは午前中は雨、午後からは晴れました(13.4~19.9℃)。
 沢端に、ケキツネノボタン(キンポウゲ科)が咲き残っていました。一輪だけでしたが、雨滴を乗せてしっとりと、檸檬色の花を生き生きと咲かせていました。本州~沖縄の沢や溝の縁、田の畦等湿った所に生育する、高さ20-60cmの多年草です。葉は3出複葉で、両面に伏毛があります。根生葉には長柄があり、小葉は2-3裂し、不規則な鋸歯があります。茎葉は互生し、短柄があります。3-7月、枝先に光沢ある黄色い5弁花(径1㎝程)を付けます。痩果は楕円形で先が多少曲がるか、ほぼ真直ぐ。キツネノボタンと良く似ていますが、全草に開出毛が目立ち、果実の先端が強く曲がらず、小葉の幅が狭く先が尖るのが識別点です。名は、毛のあるキツネノボタン(葉や果実が牡丹に似る事に由来)の意。青葉山では、沢筋や湿った草原等に普通に見られます・・・
ケキツネノボタン 崖上の紅葉

「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします) 

★仙台市に2007年末提出した、『質問状』と市の「回答」、及び、それに対する「再質問状」とその「回答」、2008年10月に提出した「意見書」とその回答、12月提出の「要望書」等を公開中です。 ご意見・ご感想等は引続き、下記宛ての葉書又はaobaten@leaf.ocn.ne.jpにお届け下さい。 仙台の、この上もない「宝」を守る為、今後も決して諦めずに頑張りましょう! 

★動植物の捕獲・盗掘は、「重」犯罪として、各法・条例で厳しく罰せられます。特に、青葉山市有林(青葉の森)や竜ノ口峡谷周辺は、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されています。監視員が常時パトロール、監視カメラも作動中です! 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イイギリ(飯桐) | メイン | マンサクメイガフシ(万作芽毬五倍子)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1446-58998c3e

| メイン |
ゆきかえる