FC2ブログ
>
ナツトウダイ(夏燈台・夏灯台)の紅葉
2010/12/06(Mon)
 きょうも、大体晴れました(6.7~17.6℃)。
 道沿いのあちこちで、ナツトウダイ(トウダイグサ科)が紅葉していました。すっかり葉が落ちて淋しくなって来た林床で、正に名の通りの燈台の様に、周囲を赤々と照らしていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリル等の山地~丘陵に生育する、草丈20-40㎝の多年草です。毛は無く滑らかで、切ると白い汁が出て、触れると被れる有毒植物です。茎葉はしばしば紅紫色を帯び、茎頂に狭長菱状楕円形の葉を5個輪生します。4-5月、葉腋から5本の散形枝を出し、その先に杯状花序を付けます。苞葉は三角状卵~卵状広楕円形で、4個の腺体は三日月形で両端が尖ります。青葉山では、路傍等に普通に見られます・・・
  その近くで、メギが紅葉していました・・・
ナツトウダイの紅葉 メギ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チャンチン(香椿) | メイン | カキノキ(柿の木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1449-8046885a

| メイン |
ゆきかえる