FC2ブログ
>
タマブキ(珠蕗)
2007/10/28(Sun)
きょうは、降り続いた雨があがって、朝から良く晴れました。
 森の斜面に、タマブキ(キク科)の花が咲いていました。地味ですが、良く見ると白い総苞の一つ一つから、黄色い碇型の柱頭が顔を出していていますし、珠芽(むかご)も葉腋に沢山くっ付いていて、とても面白い草です。 種子による有性生殖と、珠芽による無性生殖の両面作戦で生き抜こうとしているんですね。名は、タマ(むかご)があって、葉がフキに似ている事に因る様です・・・
珠蕗 栃の木の葉

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブムラサキ(藪紫) | メイン | オトコヨウゾメ(男用染)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/145-698327af

| メイン |
ゆきかえる