FC2ブログ
>
ヤブムラサキ(藪紫)
2007/10/29(Mon)
きょうは一日曇っていましたが、午後には晴れ間もありました。
 展望台へと続く小道で、ヤブムラサキ(クマツヅラ科)が実を付けていました。小さいけれど葡萄九重の様な赤紫の粒は、果実が少なくなって来た森には野鳥達の貴重な保存食で、とても美味しそうに見えました。名は、藪に多いムラサキシキブの意で、全体に毛が多く、実は紫式部より赤っぽく見えます。仙台周辺が北限になっていて、宮城県のレッドリストで要注目種に指定されています・・・
藪紫

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカモミタケ(赤樅茸) | メイン | タマブキ(珠蕗)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/146-dfe46204

| メイン |
ゆきかえる