FC2ブログ
>
ヤブタバコ(薮煙草)
2010/12/19(Sun)
  きょうも、良く晴れました(0.9~7.8℃)。
  森の外れに、ヤブタバコ(キク科)が生えていました。何時の間にか、丸くて愛らしかった黄花の総苞は剥がれ落ち、束子の様な痩果が並んでいました。何処かの公園で見たシャワー噴水の様でもあり、良く見ると、痩果の先には腺毛が飛び出していて、触るとねばねばしました。朝鮮、中国~ヒマラヤに広く分布し(欧州、西アジアには帰化)、日本では北海道~沖縄の、山地~低地の林縁、道端の草薮等に生育する、高さ50-100cmの1~越年草です。下部の葉は広楕円~長楕円形で、長さ20-28cm、幅8.5-15cmで、基部は広い翼のある柄になります。葉身の質は薄く、両面に短毛があり、裏面には腺点があります。主茎上部から順に互生する長大な側枝を放射状に出し、9-11月、更に枝を分けて葉腋に黄色い頭花を下向きに付けます。頭花に柄はなく、総苞は釣鐘状。痩果は長さ3.5mm、先は嘴状で、粘液を出し、臭気があります。青葉山では、草原等に見られます・・・
  尾根道のあちこちに、シロダモの実が落ちていました・・・
ヤブタバコ シロダモの実
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツチグリ(土栗) | メイン | ミツバツチグリ(三葉土栗)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1463-f33bf8c2

| メイン |
ゆきかえる