>
ツグミ(鶫)
2011/01/17(Mon)
 今朝も数㎝雪が積り、日中も湿った雪が降ったり止んだりでした(-1.8~4.1℃)。
 藪陰に、ツグミ(ツグミ科)がいました。雪を嘴で掘り起こしては、虫か何かを夢中で探していましたが、こちらに気付くとケッと叫んで、何処かに消えてしまいました。北東アジアに分布する、体長20cm程の中型の鳥で、東シベリア~カムチャッカで繁殖し、日本には秋~春に渡来して越冬します。主に体の上部が灰~茶色で、眼の上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。食性は雑食ですが、主として土中のミミズや虫を食べ、様々な果実等も好んで食べます。青葉山では、草原や林縁等で採食する姿が良く見られますが、東北大の造成工事等で数は大分減ってしまいました・・・
ツグミ 三居沢不動滝の滝壺はこんなでした
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サイカチ(皁莢) | メイン | タヌキ(狸)の足跡>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1492-fc02a663

| メイン |
ゆきかえる