FC2ブログ
>
ニガイチゴ(苦苺)
2007/06/28(Thu)
 歩道沿いの藪に、ニガイチゴ(バラ科)が沢山生っていました。真赤な実は森のイクラかルビーのようで、咥えると、汁の甘さが口に広がります。でも、咬んでいると、名の由来の種子(核)の苦さがちょっぴり染みるようでした。やんわり歯を立てて飲み込むのが、美味しく食べる秘訣のようですね・・・
苦苺

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽) | メイン | ホクリクムヨウラン(北陸無葉蘭)>>
コメント
-  -
すみれ様
ご無沙汰しております。
ニガイチゴは、所謂「キイチゴ」の仲間で、木になる実。青葉山ではモミジイチゴと共に最も普通に見られます。ワイルドストロベリー(和名エゾヘビイチゴ)は、原産地がヨーロッパの野生種の「イチゴ」で、北海道では帰化・自生している様ですね。野性種で結構強い植物なので、「ワイルド」と言う名が付いているらしいのですが、そちらの「育ち具合」は如何でしょう。
不順な天候が続きます。お体には、お気をつけて・・・

     
2007/06/30 11:58  | URL | てん #-[ 編集]
-  -
てん様  こんにちわ!
 可愛いニガイチゴですね!
 孫達と、ワイルドストロベリーを育てていますが
 これとは違うのでしょうか?
 毎日、いろいろなお花などを見せていただき、
 心癒される思いで、拝見しております・・・
 梅雨ですが、どうぞお元気にお過ごし下さいね!
2007/06/29 07:23  | URL | すみれ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/15-01fe1914

| メイン |
ゆきかえる