FC2ブログ
>
コナラ(小楢)の団栗
2007/11/02(Fri)
きょうは、曇りのち晴れ。
 森の道端に、コナラ(ブナ科)の団栗が沢山落ちていました。もう十日以上前から、行く道の到る所に散らばっていたのですが、今持って減らないと言う事は、次から次と落ちて来ていて、今秋は栗鼠も野鼠も懸巣にも・・蓄えは十分にあると言う事なのでしょうか。小楢は所謂二次林の主役で、青葉山でも一番多い樹種です。名は、ミズナラ(別名オオナラ)と比べて、樹高、葉、果実共に小さい事に因る様ですね・・・
小楢の団栗 竜ノ口上流部

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルウメモドキ(蔓梅擬) | メイン | ムキタケ(剥茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/150-6476ce2d

| メイン |
ゆきかえる