FC2ブログ
>
ネコヤナギ(猫柳)
2011/02/04(Fri)
 きょうは晴れ時々曇って、とても暖かくなりました(-0.3~10.3℃)。
  川岸のネコヤナギ(ヤナギ科)の、花芽が膨らんでいました。暖かい一日とは言え、北斜面の川沿いはきょうも氷雪の世界で、雪の河原に佇む猫柳の花序は、ビロードの絹毛がふんわり暖かそうで、思わず撫でてしまいました。北海道~九州の山間渓流や中流域の急流沿い等に生育する、高さ3m程の落葉低木です。葉は細い楕円形で艶はありません。雌雄異株で、3-4月、銀白色の毛で覆われた花穂を付け、初夏、綿毛に包まれた種子を飛ばします。青葉山では、川沿い等に普通に見られます・・・
ネコヤナギ テンやイタチの足跡がある河原
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロハラ(白腹) | メイン | スズメウリ(雀瓜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1511-37f77c97

| メイン |
ゆきかえる