>
ソシンロウバイ(素心蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅)
2011/02/17(Thu)
 きょうは曇り時々晴れて、暖かくなりました(-0.2~9.4℃)。
  ロウバイ(ロウバイ科)が咲いていました。今年は開花が遅かったのですが、蝋燭細工の様な檸檬色の花からは、えも言われぬ香りが、馥郁と香っていました。中国原産で日本には江戸期に渡来した、高さ2-4mの落葉低木です。幹は、地際から分枝して株状になります。早春の未だ寒さの厳しい頃に、他の花に先立ち、葉の出る前の枝に黄色い花を多数付けます。栽培品種には、ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)、トウロウバイ(唐蝋梅)等があり、この、花全体が黄色くて中央部も同色のものはソシンロウバイです(基本種は、花の中心部が暗紫色で周囲が黄色)。種子等にアルカロイド成分を含み有毒ですが、鎮咳、解熱、鎮痛等に効果がある生薬「蝋梅花」や火傷に効く「蝋梅油」にもなります。名は、花弁が蝋の様で、臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲く事に由来します。青葉山周辺では、公園や庭先等に植栽されています・・・
ソシンロウバイ きょうの夕焼け
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホオジロ(頬白)囀る! | メイン | マイマイガ(舞々蛾)の卵塊 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1524-02448b3f

| メイン |
ゆきかえる