FC2ブログ
>
アオサギ(蒼鷺、青鷺)
2011/03/05(Sat)
 今朝も雪がうっすらありましたが瞬く間に融けて、日中はほぼ晴れました(-2.8~6.7℃)。 
 池畔に、アオサギ(サギ科)がいました。魚を探している様でしたが、こちらに気付くと、直上の木に止まって様子を窺っていました。悪いので、静かにその場を離れましたが、杉花粉に囲まれたまま佇んでいる姿が、遠くからも見えました。アフリカ~ユーラシアに広く分布し、日本では夏鳥(北海道)又は留鳥の、国内最大のサギです。体長約90cm、翼開長約1.8m、体重約2kg。上面は青みがかった灰色の羽毛で被われ、淡灰色の長い羽毛が混じり、下面は白い羽毛で被われ、胸部の羽毛は長く、頸~胸には黒い縦縞が入ります。初列雨覆や風切羽上面は黒く、雨覆は灰色です。頭部は白い羽毛で覆われ、眼上部~後頭には黒い眉斑があり、そのまま後ろに黒い冠羽が伸びます。虹彩は黄色。池川等の水辺で、魚、蛙、昆虫、甲殻類等を捕食し、稀に小鳥や鼠等も捕えます。繁殖期にはコロニーを作りますが、一番いのみで営巣する事もあります。青葉山周辺では、年中見られる留鳥です・・・
アオサギ 瞬く間に消える雪
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アセビ(馬酔木)の花と空蝉 | メイン | アズマザサ(東笹〉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1540-591ff11a

| メイン |
ゆきかえる