FC2ブログ
>
アセビ(馬酔木)の花と空蝉
2011/03/06(Sun)
   きょうは、晴れて時々曇りました(-1.7~11.1℃)。
  森の外れのアセビ(ツツジ科)に、花が咲き出していました。真白い小花を無数に下げて、まるで満点星の様でした。良く見ようと近寄ると、花に埋れる様にミンミンゼミの抜け殻がしがみ付いていました。本州(宮城以南)~九州の山地に生育する、樹高1.5-4m程の常緑低木です。葉は艶のある楕円形で、枝先に束生します。早春、枝先に白い壺状花を多数付けた複総状の花序を垂らし、秋に扁球形の果を上向きに付けます。有毒植物で、葉を煎じて殺虫剤にもされます。青葉山では、林縁に幾株か見られ、県のレッドリストでは要注目種に指定されています・・・
アセビの花と空蝉
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カタクリ(片栗)の葉が出ていた | メイン | アオサギ(蒼鷺、青鷺) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1541-03d7c8b2

| メイン |
ゆきかえる