FC2ブログ
>
不時開花のヤマツツジ(山躑躅)
2007/11/08(Thu)
きょうは立冬でしたが、良く晴れて暖かな一日でした(18.4℃)。
 この陽気に誘われたのか、今秋も森の所々で、ヤマツツジ(ツツジ科)が咲いていました。綺麗ですが、紅葉してきた森の赤味に妙に合っていて、少し怖い感じがしました。暖かい日々が続いた事等が原因の「不時現象(気象用語で、平年の起日と著しくかけ離れた時期に起きる生物現象)」で、現象の違いにより不時開花(狂い咲き).不時発現等と言いますが、最近では毎秋の様に出現するので、余り驚かなくなってしまいました。山ではこの他、マキノスミレ、ヤマブキ等も咲いていましたよ・・・
 山躑躅と紅葉

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ブナ(椈) | メイン | ウリハダカエデ(瓜膚楓)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/156-9e010396

| メイン |
ゆきかえる