FC2ブログ
>
カタクリ(片栗)咲き出す
2011/03/28(Mon)
  きょうは、晴れ時々曇りでした(-1.7~10.7℃)。 
  道端に、カタクリ(ユリ科)が咲き出していました。咲いているだろうな、とは思ったものの、気が付けば、乾いた道のあっちにもこっちにも、妖精の灯した篝火が、めらめらと揺らめいていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン等の落葉広葉樹の林床に群生する、草丈10-25㎝の多年草です。九州、四国では稀で、近年は全国各地で激減しています。3月末~4月初め、長さ4-5㎝で薄紫~桃色の花を、下向きに咲かせた後、あっと言う間に消えてしまいます。青葉山では幸い、到る所に大群落が見られますが、開発や盗掘(きょうもあちこちに掘り返した穴がありました!)等で減少しています。カタクリは、開花までに7-8年はかかると言われています。大震災・大津波からの復興は勿論、原発事故の終息までには、7-8年どころか10年20年…とかかるのでしょう。腹と腰を据えて前進し、開花の時を待つしかない様ですね・・・
カタクリ 県庁から見る青葉山と蔵王連峰
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ベニチャワンタケ(紅茶碗茸) | メイン | アズマイチゲ(東一華)咲き出す>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1564-941ef283

| メイン |
ゆきかえる