FC2ブログ
>
震災後の竜の口
2011/04/12(Tue)
 3月11日の大地震やその後の余震で、青葉山の地形の特徴でもある周囲の崖地は各所で崩落し、取分け竜の口峡谷は大崩壊してしまいました。未だその全容は把握できていませんが、追廻の入口~八木山橋付近だけでも、数か所で大崩落し、土石が沢を埋めています。入口付近と橋下流部では土砂が沢を完全に堰き止め、ダム湖となってしまいました。この上流部で市は、多くの市民の反対にも拘らず、崖を切り崩し地下鉄東西線や都市計画道路の建設工事を進めていますが、私達が指摘していた通り、「この工事によって大規模崩壊が誘発」されたとも考えられますし、このままでは大雨や余震等による更なる災害が危惧されます。仙台市には、工事の中止と二次災害回避のための安全対策を求めます。
竜の口入口付近 巨石が転がる沢 大量の土石で埋まった沢 土石が沢を堰き止め、ダム湖になってしまった 谷底を埋める土石や樹木
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シュンラン(春蘭) | メイン | キブシ(木五倍子) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1578-e8272bf6

| メイン |
ゆきかえる