FC2ブログ
>
スミレサイシン(菫細辛)
2011/04/19(Tue)
きょうは、一日中雨が降りました(4.2~9.5℃)。
  沢端で、スミレサイシン(スミレ科)が咲き初めていました。未だ数輪でしたが、青く大きな花に雨滴を一杯溜めて、瀬音に合わせる様に揺れていました。北海道西南部~本州の主に日本海側の落葉樹林下に生育する、草丈5-15㎝の多年草です。4-5月、根から花柄を出して淡紫~濃紫色、稀に白色で径2㎝程の花を咲かせます。側弁は無毛、唇弁の距は長さ4-5㎜で果は閉鎖花。花後にハート型で大きい葉が2枚伸び、葉端が丸まるのが特徴です。青葉山では、山裾や沢沿い等に見られます・・・ 
スミレサイシン 工事現場脇の桜
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タチツボスミレ(立坪菫) | メイン | ナガハシスミレ(長嘴菫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1586-3a2dacfe

| メイン |
ゆきかえる