FC2ブログ
>
ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
2011/05/02(Mon)
  きょうは曇り後晴れて、風の強い一日でした(12.8~17.5℃)。
  道端に、ミヤマキケマン(深山黄華鬘) が咲いていました。黄金色の花々が、森陰に浮き立つ様に、華やかに踊っていました。北海道~近畿の山地の日当たりの良い林縁や沢沿い等に生育する、高さ20-45cmの多年草です。葉は1-2回羽状複葉で、小葉は更に羽状に深裂します。葉はしばしば紫褐色を帯びます。4-6月に茎先に3-10cmの総状花序を出し、20-23mmの黄色花を多数付けます。果は、長さ2-3cmの線形で、数珠状になります。青葉山では、川や沢沿い等で普通に見られます・・・
ミヤマキケマン 萌える山
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カスミザクラ(霞桜) | メイン | オオコガネネコノメソウ(大黄金猫の目草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1601-479a6cb6

| メイン |
ゆきかえる