FC2ブログ
>
ナツハゼ(夏櫨)
2007/11/13(Tue)
 きょうも、晴れたり曇ったり。
 展望台の崖縁に、ナツハゼ(ツツジ科)の実が沢山生っていました。摘んで幾つか食べてみると、艶々の美味しそうなのは酸味が強く、皺々で不味そうな方が、甘い干葡萄の様でした。ブルーベリーの近縁種だけあって、噛み締めていると、目がパッチリして来る気がしましたよ。名は、他に先駆けて夏に、ハゼの様に赤く紅葉する事に因ります。仙台では、この実を鉢巻をした男子に見立て、ヤロッコハチマキと呼んでいます。ヤマナスビと呼ぶ所もある様ですね・・・
今朝は、街中からも冠雪した蔵王が見られましたが、展望台から放山方面を望むと、この三日程の雨や時雨の所為か、山肌が一気に色付いている様でしたよ…
夏櫨 展望台から放山を望む


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サネカズラ(実葛) | メイン | バイカツツジ(梅花躑躅)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/161-cf3769cc

| メイン |
ゆきかえる