FC2ブログ
>
チゴユリ(稚児百合)
2011/05/17(Tue)
 きょうは、晴れ時々曇りました(14.8~22.6℃//0.19μS/h八幡1屋外高さ1m・0.12μS/h屋内19:00)。
 林床に、チゴユリ(イヌサフラン科)が咲いていました。斜面一面に見事な群落を作っていましたが、近付いて見ると案外立派な花で、一株に一輪ばかりではなく、2-3輪のものも目立っていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、クリル等の落葉樹林の林床に生育する、高さ15-30cmの多年草です。3-5cmの葉は無毛で7枚程あり、茎は細く、殆ど枝分かれしません。4-5月に、茎先に白い小花を主に1個咲かせ、後に黒い液果を付けます。種子繁殖の他、地上茎基部に生ずる地下茎により栄養繁殖(無性繁殖)して大群落を作ります。名は、花が稚児の様に小さく可愛らしいからとか、花が沢山並んでいる姿を 稚児行列に見立てたから、等と言われます。青葉山では、林床各所に大群落を作っています・・・
チゴユリ 青葉城址を望む
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サクラソウ(桜草) | メイン | スミレ(菫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1615-6692a588

| メイン |
ゆきかえる