FC2ブログ
>
ヒバカリ(日ばかり)
2011/06/17(Fri)
  きょうは、小雨後曇りでした(17.6~21.9℃//0.18μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μ㏜/h屋内21:00、南南東風)。
  沢に、ヒバカリ(ナミヘビ科)の幼蛇(未だ20cm位)がいました。水溜りにいる、トウホクサンショウウオの幼生を食べに来ていた様で、こちらに気付くと水面をくねくねと泳ぎ、石に上がると一瞬止まり、またするすると草叢に消えて行きました。北海道~九州の、山地~平地の湿性地や森林沿いの水田等に生育する、全長40-60cmの蛇です。体色は淡褐~灰褐色、腹面は薄黄色で、首の回りに白っぽい襟の様な斑紋があるのが特徴です。泳ぎが得意で、薄明時や夕方に活動します。ミミズや魚、オタマジャクシ、カエル等を捕食しますが、体の割に他の蛇より大食です。全国的に減少していますが、青葉山では比較的普通に見られます・・・
ヒバカリ トウホクサンショウウオの幼生
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「地下鉄東西線建設事業凍結と都市計画道路川内・旗立線事業廃止の申し入れ」と「都市計画道路川内・旗立線の必要性に関する意見書」 | メイン | ウツギ(空木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1647-606738f1

| メイン |
ゆきかえる