FC2ブログ
>
タンザワサカネラン(丹沢逆根蘭)
2011/07/03(Sun)
  きょうは、晴れ後曇りました(22.1~27.6℃//0.19μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.12μSv/h屋内21:30、南東風)。
  タンザワサカネラン(ラン科)がありました。と言っても、近くに自生している筈のヒメノヤガラ(姫矢柄)の結実状態だと思い込み、長い間誤表示のまま掲載してしまいました。お詫び致します。福島大学のK先生の指摘により、7/19、ご本人にタンザワサカネランであると確認して頂きました。タンザワサカネランは2007年に発見され、2008年に新種として正式に認められたばかりで、最近まで丹沢固有種と考えられていました。この発見で、産地は6ヶ所(神奈川県丹沢3ヶ所,茨城県1ヶ所、福島県西郷村1ヶ所とこの青葉山の1ヶ所)になりましたが、現在確実に生育しているのは、青葉山を含めても3ヶ所のみの超希少種だとの事です。草丈3-10㎝程の多年草で、草姿全体が白~肉色。最大の特長は開花しないままに結実する事です。名は、丹沢で発見されたサカネラン(根が逆に上を向く事に由来)の意。青葉山の自然の豊かさ、貴重さを示す象徴ともなる希少種です。大切に、大切に見守って行きましょう!
タンザワサカネラン 緑深い森

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クヌギカメムシ(橡亀虫) | メイン | ノビル(野蒜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1664-a64fd3e6

| メイン |
ゆきかえる