FC2ブログ
>
アオダイショウ(青大将)の幼蛇
2011/07/08(Fri)
  きょうは、夜来の雨が早朝に上がって、曇り時々晴れました(23.1~31.1℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.12μSv/h屋内19:30、東南東風)。
  道端を蛇が横切りました。40cm位でしたが、楕円形の褐色の斑紋が目に飛び込んで来て、一瞬かと思いました。良く見れば、アオダイショウ(ナミヘビ科)の幼蛇で、あっと言う間に草叢に消えてしまいました。北海道~九州の低山~平地の森、草原、水辺や人家周辺等に生息する、全長110-200cmの日本産では最大の蛇です。体色は褐色を帯びたオリーブ色で、その名の通り全体に青味があります。幼蛇は灰~クリーム色の地に横班が並び、ニホンマムシに似ています。ネズミ類等小哺乳類、小鳥やその卵等を食べます。無毒で性質は穏やか。青葉山では、草地、林縁、川沿い等で見られます・・・
アオダイショウ 雨上がりの朝
スポンサーサイト



この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カブトムシ(兜虫)    | メイン | クマノミズキ(熊野水木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1669-ac2879a5

| メイン |
ゆきかえる