FC2ブログ
>
カブトムシ(兜虫)   
2011/07/09(Sat)
 きょうは、夜来の雨が早朝に上がって、曇り時々晴れました(24.9~33.2℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.12μSv/h屋内21:00、南西風)。
 樹液の出ている小楢の木に、カブトムシ(コガネムシ科)がいました。コクワガタやヨツボシケシキスイ等が群がる中を、覆い被さる様にして、樹液を吸い続けていました。やはり、昆虫界の王の趣で、次々にやって来るヒカゲチョウやサトキマダラヒカゲ、雀蜂等を蹴散らしていました。一瞬、目にも鮮やかなオオムラサキも現れましたが、写真を撮る間もなく、何処かに消えてしまいました。北海道~沖縄等の広葉樹林に生育します。雄は角を除く体長が30-54mm、雌は30-52mm程。成虫は6-8月に出現、日没後活発に飛翔し、ナラ、クヌギ等の樹液に集まります。雌は8月中頃から腐葉土や朽木中等に産卵、10日程で孵化し、幼虫で越冬します。翌年7月頃蛹化し、約20日間で羽化します。開発等で全国的に減少していますが、青葉山では、樹液や外灯に集まる姿が見られます・・・
カブトムシ きょうは暑かった!.
 さて明日は、観(視)察会↓の日です。下見では、オカトラノオやクマノミズキ、イワガラミ、ツチアケビ等が咲き、キビタキ、オオルリ、サンコウチョウ、ホトトギス等が囀り、ニイニイゼミやヒグラシも鳴いていました。ニガイチゴやヒメコウゾ等の実も生っていました。そして、大きなキノコ(特にイグチの仲間)が沢山出ていました。又、新しい出会いがありそうですね・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<七月観(視)察会 | メイン | アオダイショウ(青大将)の幼蛇>>
コメント
- 自然の力 -
きょうは暑かったですね。
でも森や水辺はとても涼しかった!
やっぱり自然の力はすごいです。
奢るな人間たち、ですね。
2011/07/10 19:04  | URL | 風鈴 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1670-8f3950fe

| メイン |
ゆきかえる