FC2ブログ
>
クチバスズメ(朽葉雀蛾・朽葉天蛾)
2011/07/28(Thu)
  きょうは曇って、朝晩には雨が降りました(21.4~27.2℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.12μSv/h屋内22:00、南南東風)。
道端の草叢に、クチバスズメ(スズメガ科)がいました。初めは、名の通りの枯葉(朽葉)かと思いましたが、大きな猫の目の様な不思議な形で、変だなと思って近づくと、雌雄が愛の交歓中でした。東アジアに広く分布し(シベリア~中国~インド)、日本では北海道~沖縄の山地~平地に生育する、開張95-115mmのスズメガの仲間です。成虫は6-6月と7-8月に2回出現し、淡褐色地に細い褐色線が何本もある前翅を持ち、後翅は暗褐色。背部中央には、頭部~腹端に暗褐色の線が走ります。灯火に良く飛来し、幼虫は、クリ、クヌギ、コナラ、シラカシ等のブナ科植物やシナノキ等を食草にしています。卵で越冬します・・・
クチバスズメ
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切) | メイン | ヒメコウゾ(姫楮)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1691-87cc6731

| メイン |
ゆきかえる