FC2ブログ
>
オニイタヤ(鬼板屋)
2007/11/25(Sun)
2007.11.24(土)
 今朝は少し寒かったものの、日中は晴れて暖かくなりました(0.0~12.0℃)。
 沢を埋め尽くす様に、オニイタヤ(ムクロジ科)の葉が落ちていました。
北海道南部から九州に分布する落葉高木で、沢筋などに生育します。基本種のイタヤカエデも変異幅の広い種で区別し難いものもありますが、オニイタヤは葉裏全体に特有の短毛があるので区別できます。名は、葉の大きなイタヤカエデ(葉が水平に茂る様子を板で葺いた屋根に譬えた)の意で、別名のケイタヤは、毛が多い事に因る様です・・・
鬼板屋 きょうの竜ノ口

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メグスリノキ(目薬木) | メイン | コハウチワカエデ(小羽団扇楓)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/172-5b2caafd

| メイン |
ゆきかえる