FC2ブログ
>
ヤブキリ(藪螽斯)
2011/08/24(Wed)
  きょうは、曇り時々晴れました(21.6~29.4℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、南西風)。
  沢沿いのシラヤマギクに、ヤブキリ(キリギリス科)がいました。産卵管の長い雌でしたが、花の中で花を齧りながら、うっとりしていました。傍の葉の上には、連合いなのか?雄がまんじりと、それを見遣っていました。北海道~九州の山野に生息する、全長(翅端まで)♂45-52mm、♀47-58mmのキリギリスの仲間です。成虫は6-9月に出現し、緑色で(稀に黒褐色のものも)、翅は腹端より僅かに出て、頭頂~翅先の背筋は褐色で、前脚には刺を持ちます。主に樹上で生活しますが、藪や草原でも見られます。様々な昆虫・小動物や種々の葉・果実、蕾や新芽等を食べ、蝉等の大型昆虫を襲う事もあります。夜は「シリリリリ…」、昼は「ギー…」と鳴きます。青葉山では、葉の上等に普通に見られます・・・
ヤブキリ♀とシラヤマギク 震災で出来た小滝


スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウド(独活)の花 | メイン | クロアゲハ(黒揚羽) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1720-073e0595

| メイン |
ゆきかえる