FC2ブログ
>
ツルニンジン(蔓人参)
2011/09/29(Thu)
  きょうは、晴れ後曇りました(13.4~23.3℃//0.20μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、南南西風)。
 道端に、ツルニンジン(キキョウ科)が咲いていました。蔓が大虎杖から胡桃の幹まで這い上り、大きく豪華な鐘が、カランコロンと鳴り響く様でした。朝鮮、中国、アムール等の東アジアに広く分布し、日本では北海道~九州の、林縁や明るい林内に生育する多年生蔓植物です。茎は高さ数m程で、地下には塊根があります。互生する葉は枝先に数枚集まり、1つの葉の様に見えます。茎葉を傷付けると白い乳液が出ます。晩夏~秋に、側枝の先に花径3㎝程の花を下向きに開き、萼片は大きく、花冠は釣鐘状で外側は白く、内側には緑に赤紫色の斑があり、雌蘂の柱頭は3-5裂します。果実は萼片の付いた果となります。青葉山では、林縁等の所々に見られます・・・
ツルニンジン 夕景
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオハラナガツチバチ(大腹長土蜂) | メイン | オニヤンマ(鬼蜻蜓、馬大頭)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1757-a5d259b1

| メイン |
ゆきかえる