FC2ブログ
>
カラスザンショウ(烏山椒)の実
2007/11/27(Tue)
きょうは、夜中の雨が上がった後はほぼ晴れて、穏やかな一日でした。
 沢の辺に、カラスザンショウ(ミカン科)の実が沢山落ちていました。種子は山椒以上に辛くて、以前焼酎漬けにしてみましたら、ピリピリし過ぎてとても飲めませんでした。でも、鳥達は案外平気なようで、寒い真冬には啄む光景が良く見られます。きっと、辛味で体がホカホカになるのでしょうね。名は、カラスが種子を食べるからだとか、大きくて役に立たないからだとか言われています。日本(本州、四国、九州、小笠原、南西諸島)の他、台湾、フィリピン、中国に分布しますが、この青葉山周辺が北限になっているんですよ・・・
烏山椒

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ムラサキシメジ(紫湿地) | メイン | ニシキギ(錦木)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/176-cbe25ad1

| メイン |
ゆきかえる