FC2ブログ
>
スルスミシマハナアブ(摺墨・磨墨縞花虻)
2011/10/17(Mon)
  きょうは、曇り時々晴れました(16.9~23.5℃//0.19μS/h八幡1屋外高さ1m・0.11S/h屋内20:00、北北西風)。
  ノコンギクに、スルスミシマハナアブ(ハナアブ科)と思われる花虻がいました。花から花へ忙しなく飛び回って、あっと言う間に消えてしまいました。本州他(不明)の山野に生息する、体長14-16mmのハナアブです。成虫は4-10月に出現し、黒い体色に細い横線があり、シマハナアブに良く似ていますが、横線が細く、黄色い三角形の紋はやや不明瞭です。♂の複眼同士は接し、♀では離れています。昼行性で、花蜜や花粉を食べ、幼虫は水生で腐食物を食べます。以前は、クロハナアブと呼ばれていました。形態的・生態的特性から、全国的にも希少種と考えられている様です・・・
スルスミシマハナアブ
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナンブアザミ(南部薊) | メイン | ナギナタコウジュ(長刀香需) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1775-f043ccb2

| メイン |
ゆきかえる