FC2ブログ
>
ヤブサンザシ(藪山櫨子/薮山査子)
2011/11/03(Thu)
  きょうは、ほぼ晴れました(13.2~22.6℃//0.19μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、西南西風)。
  道端のヤブサンザシ(ユキノシタ科)に、実が生っていました。小さな石榴にも見える実を齧ると、苦味はあるものの、十分な甘みも感じました。本州~九州の他、朝鮮、中国等の、山野の林縁や林床に生育する、樹高1m前後の落葉低木です。葉は互生しますが、短枝を作るので一ヶ所から纏まって出ている様に見えます。雌雄別株で、5月頃、黄緑色の花を咲かせますが、花弁の様に見えるのは萼で、花弁は小さくて目立ちません。10-11月に液果を赤熟し、先端に萼筒と雌蕊の一部が残ります。青葉山では、藪地等に見られます・・・
ヤブサンザシ 日の入り
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヌルデ(白膠木) | メイン | センダイトウヒレン(仙台塔飛廉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1792-ca426a11

| メイン |
ゆきかえる