FC2ブログ
>
化石の谷
2007/12/02(Sun)
きょうは曇って、一時小雨も落ちました。
 竜ノ口峡谷の上流に、化石を一杯付けた大きな岩が落ちていました。渓流を遮る様に横たわり、流れ寄る落葉を体に貼り付ける様は、古代の海辺が悠久の時を越えて甦る様でした。化石はタカハシホタテで、近くにはタツノクチサルボウやセンダイヌノメハマグリらしき化石も多くみられました。この地下鉄東西線橋梁予定地の辺りは、500万年前頃は海底で、化石は皆その頃のものの様です。付近ではイルカや、陸地に住んでいたセンダイゾウの化石も見つかっています。「化石や地質遺産」としても、ここは大切な所なんですね・・・
 水面の落葉は、行きつ戻りつ旋回し、行先が定まらぬようでしたよ…
化石の谷 

スポンサーサイト



この記事のURL | 化石 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チャノキ(茶木) | メイン | ニガクリタケ(苦栗茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/182-b29b852b

| メイン |
ゆきかえる