>
カモシカ(氈鹿、羚羊)の足跡
2012/01/22(Sun)
   今朝まで雪が降り続いて10㎝程積り(榴ヶ岡では7㎝)、午後は晴間もありました(0.4~4.9℃//0.20μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μ㏜/h屋内21:00、北北西風)。
   カモシカの足跡がありました。三居沢の上り口から歩道に沿って何処までも、雪面に少し埋もれた痕が続いています。恐らく、未明の雪が降り頻る中を歩いていた様で、もしかすると、街路も彷徨していたのかも知れません。本州~九州のみに分布する日本固有種で、国指定特別天然記念物。亜高山~低山の森に生息し、木の葉、草、笹等を選択的に採食します。体長105-112㎝、肩高68-75㎝、体重30-45kg。全身の毛衣は白や灰色、灰褐色ですが、個体変異や地域変異が大きく、角は8-15㎝の円錐形でやや後方に湾曲し、基部に節があります。青葉山では、近年数多く定着し、普通に見られる様になっていましたが、地下鉄東西線や大学移転工事等に因り、減少しています・・・
カモシカの足跡 カモシカと同じ眺め
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルアジサイ(蔓紫陽花) | メイン | コゲラ(小啄木鳥) とカラスザンショウ(烏山椒)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1872-1fcb3bd1

| メイン |
ゆきかえる