FC2ブログ
>
アカゲラ(赤啄木鳥)
2007/12/08(Sat)
きょうは晴れて、暖かな一日でした(10.9℃)。
 夕暮れの楢の森に、アカゲラ(キツツキ科)がいました。木から木へ移動しながら、時々コンコン幹を突いて食べ物を探していました。良い場所を見つけると、幹に脚と尾羽を支えにして止まり、嘴を垂直に打ち付けて穴を空け、中にいるカミキリムシの幼虫等を食べている様でした。舌がとても長い上に先が鈎状になっていて、虫を引っぱり出し易い仕組みになっているのだそうです。写真の雄は後頭部が赤く、雌は黒です。ユーラシア中北部、サハリン、日本等の平地~山地の落葉広葉樹林等比較的明るい森を好み、昆虫の他、果実、種子等を食べて暮しています。巣を主に枯木に作るので、開発や森林管理・整備等により、生息数が減少傾向にある様ですね・・・
赤啄木鳥 きょうの檜林.

明日(12/9(日))は、定例の観(視)察会です
先月の「会」では、今月も引き続き、「地下鉄東西線[青葉山地区]工事」についての(仙台市の関係者の方々との)意見を交換会を計画していましたが、残念ながら諸事情あって延期になりました。明日は、通常通りの「会」になります。ふかふかの落葉を踏み分けながら、まだ咲いている花、実、冬芽や動物の痕跡の他、混群を作る野鳥達等も観察出来れば、と思います。又、色んな出会いがあるといいですね・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<十二月観(視)察会 | メイン | カシラダカ(頭高)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/188-9cd0ff03

| メイン |
ゆきかえる