FC2ブログ
>
ウメモドキ(梅擬)の花
2007/07/02(Mon)
 きょうは、朝から雨。
 山道の湿地の傍らで、ウメモドキ(モチノキ科)の花が濡れていました。名の由来の梅花に似ていなくもありませんが、もっと味わい深い薄赤紫色の小花が、今にも零れ落ちそうでした。秋~冬に枝一面に付ける赤い実が美しく庭木にもされますが、小さいながら、花だって負けていませんよね。と言っても雌雄異株で、これは雄株です。雌株(雌花)は実を付けますが、葉腋の花は2~4個、雄株(雄花)の方が沢山付くんですよね・・・
梅擬の雄花

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イチヤクソウ(一薬草) | メイン | マタタビ(木天蓼)の葉と花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/19-77d6eba9

| メイン |
ゆきかえる