FC2ブログ
>
カジカエデ(梶楓)
2007/12/12(Wed)
 きょうも曇り後晴れて、穏やかな一日でした。
 藪沿いの山道に、カジカエデ(ムクロジ科)の葉が沢山落ちていました。例年だと、黄~赤褐色に紅葉するのですが、今年は色付きが良くないままに散ってしまいました。それでも陽が射せば、趣ある色合いでしたよ。宮城県が自生の北限で、南は四国・九州まで分布します。高さは20mにもなり、雌雄異株で、春に紅紫色の花を咲かせます。名は、葉の形がカジノキ(クワ科)に似ている事に由来。別名のオニモミジ(鬼紅葉)は、葉が粗大な事に因りますが、鬼の顔に見えなくもないですよね・・・
 ついこの間まで咲き乱れていた野紺菊の花が、すっかり綿毛に変わっていましたよ…
梶楓 野紺菊

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サワグルミ(沢胡桃)の芽 | メイン | ミヤマナルコユリ(深山鳴子百合)の実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/192-263bf614

| メイン |
ゆきかえる