FC2ブログ
>
コゲラ(小啄木鳥)
2012/03/18(Sun)
  林縁に、コゲラ(キツツキ科)がいました。雌雄の様な2羽がいて、互いにギーギー鳴いて、木の幹や枝を移動しながら、コンコン突いていました。枯木の虫取りに夢中になっている1羽を見ていると、頭の後ろに一瞬、雄の印の真赤な班が見えました。ロシア南東部、サハリン、朝鮮北部、中国東北部等に分布し、日本では全国の山地~平地の各種林地の他、木々のある都市公園等にも生息します。ほぼ留鳥ですが、寒地のものは冬に暖地へ移動する事もあります。灰褐色と白の斑模様の羽色で、雄は後頭部に赤い小斑があります。全長15cm程の日本最小の啄木鳥で、昆虫の他、木の実も食べ花蜜も吸います。青葉山では、何所でも普通に見られます・・・
コゲラ

スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クサギカメムシ(臭木亀虫) | メイン | キリ(桐)の花芽と果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1929-875f02b9

| メイン |
ゆきかえる