>
サワグルミ(沢胡桃)の芽
2007/12/13(Thu)
 今朝は雪でしたが直ぐ雨に変わり、後曇りました。
 川岸に、サワグルミ(クルミ科)か生えていました。毛筆の様な冬芽には、早く落ちる筈の芽鱗が残っていて、ほかほかと暖かそうに見えました。北海道~九州の、主として冷温帯の渓畔等に生育する落葉高木で、ブナ帯の渓谷林の主役ともなります。名は、沢に生える胡桃(黒む実から転訛、中国の呉(くれ)から渡来したので呉実から転訛等の説)の意。材は、軽いのでマッチの軸、桶、経木、下駄 、リレーのバトン等に使われる様ですね・・・
沢胡桃 青葉山と広瀬川

スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エノキタケ(榎茸) | メイン | カジカエデ(梶楓)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/193-d34db85c

| メイン |
ゆきかえる