>
ヤマザクラ(山桜)
2012/05/01(Tue)
  きょうは晴れ時々曇って、風がありました(12.3~22.0℃//0.20μS/h八幡1屋外高さ1m//0.11μS/h屋内21:00、南風)。
  ヤマザクラ(バラ科)が咲いていました。桜餅を思わせる薄紅色の花からは、桜そのものの風雅な香りがしていました。今年は他の桜達と共に一斉に咲いて、一度に散りそうな気配ですね。北海道~九州の他、朝鮮南部等の日当たりの良い山野に生育する、高さ20-25mの落葉高木です。展開しかけの若葉は赤みを帯びる事が多いのですが、褐色、黄緑、緑等変異が大きく、裏面が白っぽくなります。4-5月、葉が出ると同時に開花し、花弁は5枚で、色は普通白~淡紅色です。樹皮は暗褐~暗灰色。桜の仲間では巨樹となり、長寿な種です。日本の野生桜の代表で、古来和歌にも数多く詠まれ、「吉野の桜」とは、本来この桜を指します。青葉山では、良く似たカスミザクラと共に普通に見られ、葉や花等が無毛で、普通は花期が早いのが相違点です・・・
ヤマザクラ
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ニリンソウ(二輪草) | メイン | センボンヤリ(千本槍) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1974-a8859ba5

| メイン |
ゆきかえる