>
ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)
2012/05/04(Fri)
 きょうは、曇り後晴れて、晩に俄雨がありました(14.6~23.1℃//0.20μS/h八幡1屋外高さ1m//0.11μS/h屋内21:00、南風。
  ミヤマエンレイソウ(ユリ科)が咲いていました。山裾の森影に、気品高い白騎士の様に佇んでいました。中国、朝鮮、サハリン等に分布し、日本では北海道~九州の比較的深山の林内に生育する、茎高20-40㎝の多年草です。根茎は太く短く、多くの根が出ます。茎上部に、葉柄がなく広卵~丸みを帯びた菱形の長さ7-15㎝、幅5-15㎝の葉を3枚輪生に付けます。4-6月頃、茎先から3㎝程の花柄を出し、横向きに白色花を1個咲かせます。外被片3枚は披針形で緑色、内被片3枚は広披針形で白色で長さ1.5-3㎝、雌蕊1、雄蕊の花糸は扁平で先が3つに分かれます。果実は球形の液果で黒褐色に熟し甘く食べられますが有毒。別名はシロバナエンレイソウ(白花延齢草)。青葉山では、エンレイソウに混じる様に、林内の所々に見られます・・・
   コナラの若葉が、薔薇色に輝いていました・・・ 
ミヤマエンレイソウ コナラの新葉
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツクバキンモンソウ(筑波金紋草) | メイン | サクラソウ(桜草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1977-5f380fe9

| メイン |
ゆきかえる