>
ユウシュンラン(祐舜蘭)
2012/05/10(Thu)
   きょうは晴れ後曇って、夜に雨が降りました(11.5~19.5℃//0.20μS/h八幡1屋外高さ1m//0.11μS/h屋内21:00、北風)。
   ユウシュンラン(ラン科)が咲いていました。明るい新緑の森で、小さな白い妖精達が、朝陽を浴びながら背伸びしていました。北海道~九州の山地の林内に生育する、高さ10-15㎝の多年草です。葉は鞘状に退化していますが、小葉をつける場合もあり、花柄基部に苞葉が1-2個あります。5-6月、茎頂の花序に長さ1㎝程の白花を2-3個付けます。花は半開し、唇弁基部は筒状で短い距となり、先は3裂します。開発や乱掘等で激減し、分布は非連続的で全国的にも稀です。国や県のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されていますが、青葉山では幸い、比較的普通に見られます・・・
ユウシュンラン 蕃山~蔵王を望む
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウワミズザクラ(上溝桜) | メイン | シロバナイカリソウ(白花碇草・錨草)とイカリソウ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1983-55a68191

| メイン |
ゆきかえる